前へ
次へ

キャリアの対価機よりも高性能なレンタル携帯

携帯電話が使えなくなった時は、代価機を借りる事はできます。いわゆるレンタルの一種ですが、やや機能が限られてしまうデメリットがあります。どういう事かというと、例えば普段使っているキャリアの携帯が水没してしまいました。もちろん、それではキャリアの携帯は使用できません。またキャリアの携帯が落下してしまった時も、使えなくなってしまいます。その場合でも、携帯のショップから借りる事はできます。修理に出している間は、しばらく代価機を使い続ける訳ですが、必ずしも機能が充実しているとは限りません。というのもショップから借りる事ができる機種は、一昔前のタイプが多いです。古い機種であるだけに、一部の機能が利用できない事も多々あります。その場合、レンタル携帯というサービスも検討してみる価値があります。レンタル携帯であれば、たいてい機能性も問題ありません。状況によっては、キャリアの端末よりも充実している事もあります。レンタル携帯の機種は非常に多彩です。一昔前の機種を借りる事もできますが、最新型の携帯も借りる事はできます。つい最近リリースされたばかりの機種を、レンタル携帯の業者から借りる事も可能です。しかしキャリアのショップが貸し出ししてくれる機種は、そこまで新しくないケースが目立ちます。1世代ほど前の機種である事も多く、やや不自由さを感じてしまうケースもあります。必要最小限の機能は備わっていますが、やや役不足な感は否めません。その点レンタル携帯というサービスであれば、十分な機能を兼ね備えている機種を借りる事ができます。ですから水没してしまった時や、携帯を修理に出している時などは、レンタル携帯も検討してみると良いでしょう。ただし取り扱っている機種の種類は、レンタル業者によって異なります。多彩な機種をレンタルできる業者もあれば、選択肢が若干限られる業者もあります。各社は、それぞれレンタル料金も異なっていますし、まずは比較検討してみるのが一番良いでしょう。

Page Top